2016年9月16日金曜日

ご協力ありがとうございます(台風10号災害救援活動支援募金)

昨日に続いて実施しました、札幌三越付近での台風10号災害救援活動支援のための街頭募金では5049円の募金をいただきました。全額災害支援活動をしている団体へ寄付いたします。街頭募金にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

募金は10/31まで受け付けます。この募金への寄付は、認定NPO法人制度による税制優遇措置の対象となります。

ご協力よろしくお願いいたします。

お問合せ

認定NPO法人北海道NPOファンド
http://www.hokkaido-npofund.jp/
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74
市民活動プラザ星園201号室
メール npofund@npo-hokkaido.org
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974

2016年9月15日木曜日

ご協力ありがとうございます(台風10号災害救援活動支援募金)

本日12:00~13:30まで実施しました、札幌三越付近での台風10号災害救援活動支援のための街頭募金では13,435円の募金をいただきました。全額災害支援活動をしている団体へ寄付いたします。
明日16日金曜日も同じ時刻と場所で募金を実施します。

お問合せ

認定NPO法人北海道NPOファンド

064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール npofund@npo-hokkaido.org
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974

2016年9月14日水曜日

2016年台風10号等による災害救援活動支援募金

2016年台風10号等による災害救援活動支援募金~9月15,16日両日札幌三越前にて街頭募金実施

PDF

北海道未曾有の台風被害救援に取組むNPO(ボランティア)等への支援募金をお願いします
4つの台風が短期間で北海道に上陸し、かってない被害が道内にもたらされました。川の氾濫による住居の浸水は生活基盤を直撃しています。高齢者の多い農村地帯では自力での回復は難しく、ボランティアによる泥出しや住居の復旧が行われています。
道路、鉄道、堤防等の基幹インフラは国等の行政による大規模な復旧作業となりますが住宅の復旧作業はボランティアのパワーが必要とされています。
ボランティアを現地で受入、現地でスムーズに活動するため現地の団体が活動しています。また、札幌等からボランティアを送出す活動も行われています。これらの団体への支援に募金を使わせていただきます。市民の皆様のご支援をお願いいたします。

いただいた募金は、全額「支援団体」に寄付されます
※この募金は、税法上の寄附金控除の対象になります。ご希望の方には領収書を郵送します。

●対象地域:一般ボランティア受入自治体
9月13日現在「南富良野町」「清水町」「新得町」
●対象支援団体:①上記地域で救援ボランティアに取り組む団体               
:NPO、社会福祉協議会など
         ②道内各地で上記地域にボランティアを送り出す活動に取組む団体 
           :NPO、社会福祉協議会など 
●募金の方法:以下の2つの方法。受付期間は2016年9月14日から10月31日まで


■認定NPO法人北海道NPOファンド 概要
◆1999年「NPO越智基金」を設立、2002年12月「北海道NPO越智基金」としてNPO法人格を取得しました。
1999年から2015年までに「越智基金」として、404件、総額2,632万円の助成を実施し、NPOの活動の発展に寄与しています。
◆より幅広い支援活動へ
2011年3月さらに幅広く市民活動を支援するファンドとして活動を進めるため、「北海道NPOファンド」と名称を改めました。
市民(個人・団体)のさまざまな希望に沿った基金を造成します。


■認定NPO法人とは
 認定NPO法人への寄付は、個人所得税控除または税額控除、個人住民税控除が受けられます。(確定申告の際、「控除に関する支出を証明する書類」として【認定NPO法人の“特定非営利活動に寄付した”旨の「領収書」】を堤出する必要があります。)



●本募金に関するお問い合わせは 認定NPO法人北海道NPOファンド まで
札幌市中央区南8条西2丁目市民活動プラザ星園201
TEL 011-200-0973 FAX 011-200-0974
Mail  npofund@npo-hokkaido.org HP  http://www.hokkaido-npofund.jp/

2016年9月7日水曜日

2016年越智基金 助成団体が決定しました。

2016年の助成方針

 NPO活動がより活発になるための一助になるよう、非営利活動団体(NPO)
 に対して援助を行い、その活動の発展に寄与することを目的としています。
 道内で活動しているNPO(NPO 法人・任意団体)を対象とします。

2016年 助成団体

 2016年は上記の方針に沿って、一般公募助成として下記12団体に、
 総額84万円の助成が決定しました。
  ※ N)は特定非営利活動法人、一社)は一般社団法人

一社)そらちアダプテッドスポーツ協会
N)陽向ぼっこ
N)利尻ふる里・島づくりセンター
N)北海道学習障害児・者親の会クローバー
N)駆け込みシェルター釧路
N)女性サポートAsyl
N)オアシス
N)キャンサーサポート北海道
N)北海道新エネルギー普及促進協会
N)市民と共に創るホスピスケアの会
重複聴覚障害者と高齢ろうあ者の在宅福祉を考える会「とも」
N)札幌市精神障害者家族連合会

2016年7月3日日曜日

2016年「越智基金」助成公募のお知らせ

◆今年度の助成方針
 NPO活動助成金(一般公募)応募要項:2016年北海道NPOファンドの「越智基金」はNPO活動がより活発になるための一助になるよう、NPO活動助成を行うこととします。今年度は「一般公募助成」のみとし助成総額を上限100万円、1件あたり助成額を10万円以内とします。
 当基金は、非営利活動団体(NPO)に対して援助を行い、その活動の発展に寄与することを目的としています。道内で活動しているNPO(NPO 法人・任意団体等)を対象とします。

◆助成金額    総額上限 100万円(10~15団体程度に、1団体1万円~10万円の範囲で助成)

◆応募期間    2016年7月8日(金)~8月5日(金)午後6時必着
◆応募方法    応募期間内に応募書類と添付書類を下記提出先までご提出ください。
■応募要領  (PDF)
■応募用紙  (WORD , PDF)
 <添付書類>  
  ① 団体の定款又は会則
    ② 前事業年度の事業活動報告書・決算書類
    ③ ニュース・会報、団体リーフレット、チラシ等、団体の活動の内容を示す資料

◆選考方法・発表 書類審査と聞き取り(応募書類受領後、応募団体に問い合わせをする場合がありますので、その場合は応答ご協力をお願いいたします)のあと、北海道NPOファンド理事会において選考し、助成先を決定します。

◆決定通知    8月下旬(助成先は個別に通知するとともに、北海道NPOファンドホームページ、『北海道NPO情報』等で広報します。応募提出書類は返却いたしません)

◆助成金支払い  9月中旬(予定) ※助成金の振込先は北海道労働金庫(ろうきん)の本支店に限らせていただきますので、ろうきんの口座をお持ちでない場合は、新規に開設していただきます。なお、ろうきんの口座の有無は審査の結果とは一切関係ございません。

◆助成金の使途等 助成金の使途について特に制限はありません。事業活動経費、機器整備、人件費等、団体の活動目的を達成するために使ってください。

◆活用結果報告書の提出 助成団体につきましては、助成金活用後、「活用結果報告書」を提出していただきます。ご了解を得たうえで、北海道NPOファンドホームページやパンフレットで紹介させていただく場合もあります。

◆お問合せ・送付先/応募用紙提出先 応募用紙の提出は郵送またはE-mailでお願いします。

認定NPO法人北海道NPOファンド

064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール npofund@npo-hokkaido.org
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974
月~金曜日10:00~18:00
地図

2016年6月26日日曜日

お問合せ

認定NPO法人北海道NPOファンド

064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74 
市民活動プラザ星園201号室
メール npofund@npo-hokkaido.org
TEL:011-200-0973 FAX:011-200-0974
月~金曜日10:00~18:00
地図

2016年6月5日日曜日

北海道NPOファンドは『認定NPO法人』となりました!頂いたご寄付が税の優遇措置の対象に!

北海道NPOファンドは『認定NPO法人』となりました!

頂いたご寄付が税の優遇措置の対象に!


認定の有効期間:2016年5月18日から2021年5月17日まで(札幌市認定)

認定NPO法人とは、NPO法人のうち、その活動や組織運営、情報公開などが適正に行われているかの審査を受け、一定の基準を満たしていると所轄庁が認めた団体のことです。認定NPO法人になると、寄付者が税制優遇措置を受けることが出来ます。

北海道NPOファンドは、市民、企業等から広く資金を募り、市民による自発的な非営利公益活動を実践する市民活動団体(NPO)への助成事業を目的とした基金です。北海道 NPOファンドでは、幅広く市民活動を支援するファンドとして活動を進めるため、さまざまな寄付者の思いを込めた基金を造成するしくみを取り入れており、そのうちの一基金である越智基金では、1999年~2014年までに、394件、総額 2,551万円の助成を実施、NPOの活動の発展に寄与しています。

また東日本大震災被災者支援関連基金としては2011年3月から2014年4月まで、3つの基金を造成し、被災者支援活動を行うNPOや現地の中間支援NPO、道内で被災者受け入れ支援を行うNPO等への活動支援金として、44件、総額1,246万円の助成を実施しました。その他にも寄付者の思いを、希望する活動へ確実に届けるため、個人として、例えば遺言で希望する活動を支援するための基金の造成や、法人として社員の寄付を集めて基金を造成することが可能です。基金の造成をご希望の場合は、当ファンド事務局までお問い合わせください。

税制優遇措置について(個人)

★所得税について(①か②のどちらに適用するかを選択できます)


①所得控除
 寄付金額-2,000円=寄付金控除額(所得控除に算入できる額)
  ※実際減税になるのは控除額×所得税率5~40%(課税される所得金額による)
 (例)所得税率5%の人が1年間に1万円の寄付をした場合
10,000円-2,000円=8,000円 ← この額が所得から控除
8,000円×5%=400円 ← 所得税から減額される金額
②税額控除(高額所得者でなければこちらがおススメ!)
(寄付金額-2,000円)×40%=税額控除額
※税額控除額は「その年の所得税額の25%」を限度額とする。
(例)1年間に1万円の寄付をした場合
10,000円-2,000円=8,000円 
8,000円×40%=3,200円 ← 所得税から減額される金額
※①②とも算出時の年間の寄付金額は「同年の総所得金額等の40%」を限度額とする。

★個人住民税について


(寄付金額-2,000円)×10%(都道府県民税4%+市町村民税6%)
※算出時の年間の寄付金額は「同年の総所得金額等の30%」を限度額とする。
※全国一律ではありません。控除の対象になるかどうかは、都道府県事務所、各市区町村の徴税窓口までお問い合わせください。

※税制優遇を受けるためには、必ず『確定申告』をしてください!!

 ~年末調整では寄付金控除は計算対象となっていません~


確定申告の際、「控除に関する支出を証明する書類」として【認定NPO法人の“特定非営利活動に寄付した”旨の「領収書」】を堤出する必要がありますので、ご寄付頂きました際に当ファンドが発行いたします領収書を無くさないように保管をお願いします。

★相続財産寄付について


相続税の申告期限(10ヶ月)内に当ファンドへご寄付頂いた場合、その分の相続財産は相続税の課税対象になりません。なおこの制度は、寄付金控除との併用も可能です。※寄付をする意志を表明した遺言書などにより、遺言執行者が亡くなった方の財産を寄付する(遺贈による寄付)場合も寄付した分は相続税の課税対象にはなりません。

ご寄付の申込先と払込先のご案内
【申込先】北海道NPOファンド事務局(担当:菅原)
住 所 
〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74-201
電  話 011-200-0973 FAX 011-200-0974 

E-mail npofund@npo-hokkaido.org

【払込先】(越智基金:一般公募助成)
〇北海道労働金庫 本店営業部 普通預金
口座番号 9535626
加入者名 特非)北海道NPOファンド 代表理事 田口 晃
(トクヒ)ホッカイドウエヌピーオーファンド)
〇北洋銀行 北七条支店 普通預金
口座番号 3960162
加入者名 特非)北海道NPOファンド 代表理事 田口 晃
(トクヒ)ホッカイドウエヌピーオーファンド)
〇ゆうちょ銀行 郵便振替口座
口座番号(記号・番号) 02770-7-79475
加入者名 北海道NPOファンド(ホッカイドウエヌピーオーファンド)

※北海道労働金庫へのお振込にてご寄付いただく場合、ご連絡先がわからないため、お手数ですが事務局まで下記内容をお知らせください。税制優遇に必要な領収書をご入用の方は、特にお忘れなきようお願いいたします。
(お知らせいただきたい内容)
・住所・名前・所属(省略可)・ご寄付された金額・電話番号・メールアドレス(省略可)

※公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団様より2015年度社会福祉助成金(NPO基盤強化資金助成「認定NPO法人取得資金」助成を受けて事業を実施しています。